老キャバリア・タミコさんのヨボヨボ想い出+中年義兄弟RandyとEarlの日記


by tamico_cavalier

プロフィールを見る
画像一覧

お天気と時間と本棚

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

プチリンコ

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ






  -プロフィール-
タミコ キャバリア
 (14歳)
 2006年10月31日召天
 ふだんはヨボヨボ。
 飯を見ると10歳若返る
 リンゴ狂。

クロさん 和猫
 (18歳超くらい?)
 シロさんの弟(らしい)
 サバイバル度:トラ並
 運動神経:ヒョウ並
 頭脳:孔明並
 しかしゲロ子がいないと
 オロオロしてしまう。
 「7才向けカリ飯」には
 見向きもしないガンコ
 親父

ゲロ子(シロさん) 
 和猫(18歳超くらい?)
 クロさんの兄さん
(らしい)
 草マケ体質(ハゲる) 
 結石体質 運動神経:低
 甘え度:キャバリア並
 いわゆる「残念な兄」
 (by tamaken氏
 出典:千原ジュニア氏)

Randy キャバリア
 (8歳)
 タミコさんを失った
 かあちゃんを支え、
 洗濯をさせるべく
 生まれてきた、運命の
 キャバリアくん。
 ヒト姉ヤスベエと同じ
 誕生日
 
Earl キャバリア
 (8歳)
 タミコのおもかげを持つ
 トライくん
 オムツのとれない残念な
 兄をオムツから解放する
 べく、やってきた!
 ロケットボーイ
 好きなもの 松ぼっくり
       タワシ

ヤスベエ ヒト
 21歳
 生まれた時から母親に
 似顔絵を描かれまくり
 かなり辟易している。
 特にWiiの似顔絵Miiの
 ヤスベエは激似。
 
ワタクシ(をり太) ヒト
 自称25歳
 人に厳しく自分に激甘
 体質:やせない 
 性格:ガンコちゃん
 将来の夢:山羊と肥後
     ちゃぼの飼育と
     晴耕雨読生活
 欲しいモノ : 秘密基地
    

 -キャバリンク-

ちょっと なかゆくい
気まぐれ★タフィー
PAL with us
 (and you)

ぼくとキャバキン
うちのキャバリア
キャバリアりんと
ダックスふくの徒然日記

Chiemomのsomeday somewhere
☆モモとレオ☆
メルちゃんポポちゃん
キャバってます!!
 -キャバリアの気持ち-

R+C+M Field

 -ニャニャンリンク-

茶寅堂

 -朋友リンク-

 Uncle Charlie
 Collection

 おともだちのお店です
 たまにワタクシが作った
 モノも置いてもらって
 マス

 BLUES T-BONE
 たまに居ます。

 ワンコ系リンク

Pickles*
 イカす!
 "ちょい似イヌ"

ちょい似イヌ*犬小屋便り

 -ワンコリンク-

ノラちゃんのギリシャ!
写真家の犬
 -le chien de photogrape-

いぬパリ
びーまりょ
ぽちとルイ
 (小山るみこさん)

 zakki -雑記-
ロングロングケーキ
伝助と福助
乙女ビーグル犬アディ
の毎日

お気に入りブログ

パンダから君へ
日刊ギリシャ檸檬の森 古...
なごみネコとなごむ暮らし
Bird's Shies...
花芸家の犬
自分に気合い!!
凛☆として
marronの雲
ミニアチュール

ライフログ

カテゴリ

タミコ
オモヒデ
少年ボーイズ
ニャニャン
オシラセ
ソノタ

以前の記事

2016年 11月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
more...

画像一覧

10月31日22 時5分

a0078589_26767.jpg

タミコは永眠致しました。
ご報告が遅れて申し訳ありませんでした。

呼吸が苦しく、あれから何度も吐血しました。
息をひきとった時、それまで苦しそうでたまらなかった顔が
まるで寝ているような、安らかな顔になり、息をしていないのが不思議でした。

皆さま、タミコのことをかわいがって下さり、有難うございました。
長いこと介護していたので、覚悟していたためか、死んだ日と次の日はバタバタとしていて
涙は一瞬でしたが、日がたつにつれ、タミコが居ない生活があまりにも寂しくてたまらなく
タミコの存在の大きさを思い知らされてます。

追記:画像は、タミコが永眠したときの顔を写生したものです。
    本当に寝ているみたいで、お腹がフカフカと動いていないのがフシギでした。
[PR]
by tamico_cavalier | 2006-11-06 02:06 | タミコ | Comments(44)
Commented by greenagain at 2006-11-06 07:00
お世話しきったtamico_cavalier さんに拍手です。
一所懸命生ききったタミコさん、tamico_cavalier さんに看取られて安心したと思いますよ。
直後より、日が立ったときの方が、思い出す時間が生じるだけに、きついですよね。
多くの死を看取った年配の家人は、飼っていた動物が死んで数日の身内に、「それでも日常生活はしていかねばならない。いったん自分の中で折り目をつけて、ビシッと生きていかねばならないのだ」と、厳しいことを言っていました。厳しいけれど現実でもあるのですよね。たくさん看取ってきたからこそ言える言葉だと思いました。

けれど、このブログでは、思いっきり一息ついてくださいネ。
tamico_cavalier さんの絵、楽しみに待っています。
Commented by apporos at 2006-11-06 07:04
ゑさん 初めまして。 今までずっとタミコさんとゑさんの暖かい触れ合い
の日々を、遠くから楽しく拝見し、応援させていただいておりました。
今我が家には1才半になるチワワがおりますが、その前に飼っていた
ミニチュアダックスがタミコさんと同じ尿毒症で亡くなっているので、タミコ
さんが尿毒症と聞いた時にはドキリとしました。。 でもね、最後の最後に
オシッコをジャバジャバして、スープを飲んで、一瞬でも喜ばせてくれた
のは、きっとタミコさんからの精一杯の感謝の気持ちと、恩返しだったの
だと思います。ゑさん・・タミコさんは他の誰に飼われるより、ゑさんの家
のワンコになれて幸せだったと思います。 きっとタミコさんは今もゑさんの
傍にいて、「もうどこも具合悪く無いから、リンゴちょうだい♪」って言って
いると思いますよ。姿は見えなくても、これからもずっと一緒です。 合掌
Commented by セレ at 2006-11-06 09:42 x
タミコちゃん、安らかに永眠去れたとの事。
幸せな一生でしたね。
お会いしたことも無いのですが、具合が悪いと知ってから
祈る気持ちで、毎日ブログを開かせていただいておりました。

こらからも、タミコちゃんはいつもそばで見守っていてくれる
事と思います。
寂しくて涙が止まりませんが、今まで有難うございました。
いつも、幸せな気持ちにさせてくれたタミコちゃんと、タミコお母様
に感謝です。

落ち着いたら、色々な思い出聞かせて頂けたら、嬉しいです。



Commented by びびあん at 2006-11-06 10:34 x
はじめまして。うちには13歳半になる、キャバリアがいます。
タミコさんの食べ物に対しての興奮が、うちのヨボヨボびびあんとそっくりで、いつも楽しく拝見していました。
1月に癌の手術をしてから、ずっと闘病中で、タミコさんを目標に頑張っています。大切に大切に育ててもらって、タミコさんは本当に幸せでしたよ。
今までの様子を見返して涙が止まりませんが、タミコさん、ありがとうございました。あなたは、びびあんの目標です。
立派な犬生、素晴らしかったです。
びびあんもオムツで歩けないけど、食い気だけで頑張ります。
ゑさん、ずーっとタミコさんは、そこにいますよ。
Commented by tamico_cavalier at 2006-11-06 10:56
★みなさま
ありがとうございます。
いつも思うのが「タミコはわたしんちに来て幸せだったんだろうか?」と
いうことです。温かいお言葉で、励まされました。
もうしばらくして落ち着いたら、思い出を描かせていただきます。

ありがとうございます。
Commented by bejejomama at 2006-11-06 11:00 x
一足お先に旅立ったベリは、タミちゃんに『オムツ』を教えてもらい…
快適な介護生活を送る事が出来ました。
ベリは天国で、タミちゃんに会ったら、真っ先にお礼を言うでしょう。
タミちゃん、本当に良く頑張りました。ゆっくりお休みくださいね。
Commented by せいろ at 2006-11-06 11:55 x
タミコさんはタミコ母さんやご家族に愛され、大切にされて
とても幸せな現役生活を全うされたと思います。
タミコさん、タミコ母さんお疲れさまでした。
いつも明るく温もりのある犬ライフの話題で楽しませてもらっていました、ありがとうございました。
きっとタミコさんはタミコ母さんを見守ってくれてると思いますよ。
Commented by みやぴょん at 2006-11-06 13:03 x
心からお悔やみ申し上げます。
タミコさん、がんばったね!!!ゑさん、お疲れ様でした。

一杯家族に幸せをくれたタミコさん。ゑさん、今は辛いでしょうが、懐かしい思い出に変わるまで頑張って下さい。
Commented by miri-koro at 2006-11-06 13:08 x
タミコちゃん…天国に召されたのですね。毎日心配してましたが,今日拝見して…涙が止まりません。タミコちゃんもタミコ母さんもほんとによく頑張ってこられましたね。家族の愛に囲まれて,きっときっと幸せだったと思います。
一杯皆んなに想い出と幸せをくれたタミコちゃん,ありがとう〃天国で幸せに暮らしてネ。。。☆
タミコ母さん,元気出して下さいネ〃
Commented by ちょこママ at 2006-11-06 13:12 x
タミコちゃんのご冥福をお祈りいたします
タミコちゃんはゑさんと巡りあえて、とっても幸せだったと思います
気の利いた言葉が見つかりません とにかく頑張ってください
Commented by ねず at 2006-11-06 14:08 x
タミコちゃん、ゑさん、お疲れ様でした。
タミコちゃんは、ゑさんと家族になれて幸せだったと思います。
私はゑさんのブログを見るたびに、ワンコを介護するというコトの大変さと
同時に、楽しさや素晴らしいさを感じることができました。
これも、タミコちゃんとウチのタフィーが、ゑさんと私を引き合わせてくれたおかげだと思っています。
ゆっくり、元気を出してくださいね。
タミコちゃんのご冥福をお祈りいたします。
Commented by jun-roku at 2006-11-06 16:38
こちらのブログを拝見する度、タミコちゃんへのご家族の愛情の深さをいつも感じておりました。何の言葉も見つかりませんが、タミコちゃんは幸せと愛情たっぶりの人生をおくったと思います。タミコちゃんのご冥福をお祈り致します。
Commented by Yossy at 2006-11-06 17:15 x
タミコちゃんのご冥福をお祈りいたします。
Commented by ともも at 2006-11-06 17:32 x
はじめまして。すっとこっそり拝見させて頂いてました。
タミコちゃんよくがんばりました。きっとタミコちゃんは
幸せだったと思います。今度もきっとゑさんと出会いたいって
思ってますよ。心からタミコちゃんのご冥福お祈りしています。
まだまだ寂しいと思いますが、お体に気をつけてくださいね。
Commented by fuku at 2006-11-06 18:15 x
微笑んだような寝顔のイラストから、穏やかなタミコちゃんの最後が伝わってきます。
実際にお会いしたことはないけれど、りんごを見ると、タミコちゃんを思い出しそうです。今頃は、きっと、りんごも、KFCも、ふくれさんもた~くさん
食べてることでしょう。
タミコちゃんのご冥福をお祈りいたします。ゑさんもお体に気をつけて。
Commented by ニコナ at 2006-11-06 19:28 x
タミコちゃん、虹の橋を渡ったのですね。
こういうとき素敵な言葉をかけられたらいいのですが、何も言葉が見つかりません。
タミコさんはゑさんちの子でとても幸せだったと思いますよ。
14歳になっても食欲いっぱいのタミコさんはうちの子達の目標です。
落ち着いたらタミコさんの思い出話聞かせてくださいね^^
Commented by taisuketti150 at 2006-11-06 20:18
タミコちゃん、おやすみなさい。
虹の橋の向うで美味しいものいっぱい食べて、いっぱい駆け回って下さいね。もし出来たら、ウチの仔(キャバリアで同じ尿毒症だったジュリ)とも遊んでやってね。
ゑさんもお身体大事になさって下さいね。
わちの女=花残月でした。
Commented by 花子のママ at 2006-11-06 20:28 x
タミコさん、もう、苦しくないのね。花子と「天使1年生」、仲良くしてね。

ゑさん、ご愁傷様です。胸中、お察しします。

私はたったの2ヶ月でしたが、介護しながら、不安を抱いたり、また、小さいことに喜びを感じたり、感謝をしたり、「濃度の濃い」時間をすごしました。介護の体験を、ユーモアたっぷりのイラストで表現されていたこのブログは、私にとって、テキストでした。たくさんの病犬、老犬の介護をしている方の励みになった事はもちろん、今は元気なワンちゃんを飼っている方も、犬を最後まで看る責任や覚悟を教えられたと思います。ゑさんの実体験に加え、絵の才能のお陰です。本当にありがとうございました。

落ち着いたら、元気な子犬の頃のタミコさんのエピソードなど、聞かせてくださいね。お元気で。
Commented by sizuku.style7 at 2006-11-06 21:21
ゑさん
ご愁傷様です

介護でお忙しい毎日だっただけに、
今、どうされてらっしゃるのか。。。
greenagainさんの書いてらっしゃるように、
“それでも生きて行かねば”の言葉がずっしり来ました
そうなんですよね
私も、何度もこういう別れをして来て、
その通りだと思います
猫ちゃんたちもいてはりますもんね

20年前に亡くなったマルチーズのこと、
最近やっと、涙なく話せるようになりました
まるで、まだ生きているかのように話すので、
知らない人は、私の家にはマルチーズがいると思ってはったくらいです
実際、傍にいると信じてます
きっと、タミコさんも、ずっとずっとゑさんの傍でおいしいものを食べていると思います

>もうしばらくして落ち着いたら、思い出を描かせていただきます。
この日をお待ちしています
Commented by tsuyo at 2006-11-06 21:50 x
天国で花に囲まれ家族の皆さんを温かい目で見守っていますよ。
安らかなる眠りと永遠の笑顔をありがとう。。。
Commented by AN at 2006-11-06 22:46 x
高齢のタミコさんとの暮らし、 読ませていただいていました。
タミコさん、せいいっぱい生きましたね。タミコさんのお母さんも愛情込めて介護の工夫をしていらして、陰ながらがんばれ~って応援していました。

タミコさんはゑさんの家族になって幸せな一生でしたね。
闘病生活から身体が解き放たれて今、また食いしんぼタミコさんになっていることでしょう。
ご冥福をお祈りいたします。



Commented by sue-sue at 2006-11-06 23:00
初めてコメントさせていただきます。
タミコさん、本当によく頑張りましたね。
これからは天国で元気に走り回って過ごすことでしょう。
私も昨年、15歳のトイプードルを亡くしました。
今でも思い出しては涙ぐむこともありますが、できるだけ笑顔で思い出してあげたいと思ってます。
タミコさん、天国でうちのわんこと遊んであげてくださいね。
ご冥福をお祈りします。
Commented by tamaken@パル父 at 2006-11-06 23:13 x
タミコさん、今まで本当にありがとう。
ゑさんの伝えてくれたあなたの姿が、何度、私達を勇気づけてくれたことか、わかりません。本当に本当にありがとう。ゆっくりと休んでください。
ゑさん、お疲れ様でした。
幸せな家族の話は、読む者まで幸せにしてくれました。しばらくはゑさんも心身ともに休めてください。そして、いつか、またタミコさんの思い出話を聞かせていただけたら、私達にとっては、望外の幸せです。
Commented by ルルメルまま at 2006-11-07 04:13 x
ゑさんお疲れ様でした。
亡くなって改めて、その存在の大きさに気づく…本当そうですよね。
14年間と言う、とても長い月日を共に過ごしたんですもの。
ゑさんの描くタミコちゃんは愛情いっぱいに表現され、
見ているこちらの気持ちを、いつも温かくしてくれました。
ルルままは、お茶目なタミコちゃんが大好きでした。
これからも、ずっとタミコちゃんはルルの目標です。
タミコちゃんのご冥福、心よりお祈り致します。
Commented by den-fuku at 2006-11-07 09:01
タミちゃん、とうとう天国へ召されたのですね。
さみしいなあ。。。
でもこんなに飼い主に愛され、最後も看取ってもらえて、これほど幸せな犬の一生もないと思いますよ。

またいつか、クスっと笑えるようなタミちゃんの絵、描いて欲しいなあ。
Commented by tamico_cavalier at 2006-11-07 12:02
★みなさま
本当に、ありがとうございます。タミコがこんなにもみなさまに愛されているとは
ワタクシも、相棒も、ニャニャコたちも嬉しくて嬉しくてたまりません。
10月31日はハロウィーン・ナイトでした。
そういえば、妹Bがタミコへのプレゼントに「かぼちゃ帽子」をプレゼント
してくれていたので、それをかぶってご機嫌ナナメなタミコさんの画像を
トップに貼っておきます。
今、この帽子はタミコさんの箱にスッポリとかぶせてます。

みなさん、本当にありがとうございます。タミコさんも天国でワーワーあそんでいると思います。
タミコの思い出が次から次に思い出されます。これを絵にできたらいいなあと思ってます。

タミコのいない生活に慣れることは難しいですが、がんばります。
本当にありがとうございます。

追伸:横で相棒が「タミコの本名って、タミィなんだけどね・・・」とつぶやいてました。
Commented by SHIOSHIO at 2006-11-07 12:43 x
久々にタミコさんの様子を見にきたら・・・もう、胸がくるしくて仕方ないです。
2年前に竜太を失くした時と似ているところがあって、思い出しました。
彼もやっぱり15歳半でしたら、腎臓がわるくなってしまって・・・
ただ、タミコさんはご家族に看取られて、安心して旅立ったのではないでしょうか?

「うちのわんこで幸せだったか?」
考えちゃいますよね、私もずーっとそれを考えてました。
でも、きっときっと幸せだったと思いますよ、私もそう信じたいと思います。

いままでそこに存在していたものが、無くなる寂しさ・・・慣れるには相当の時間が必要だと思います。どうか、無理だけはなさらないでください。

また楽しいイラスト楽しみにしています☆
Commented by soma97 at 2006-11-07 19:56
私がこのブログにお邪魔するようになってまだ一ヶ月。
タミコさんとタミコ母さんとの日々を楽しく拝見していました。
愛情溢れたイラストに描かれてタミコさんは幸せですね。
短い間だったけどありがとう、タミコさん。
そして安らかに、ゆっくり眠って下さいね☆

Commented by 富士丸まい。 at 2006-11-07 21:31 x
タミコちゃん・・・

こちらのブログの存在を知った時、同じ92年生まれで 同じキャバリア!・・・もう嬉しくて嬉しくて。
今ほどキャバリアがメジャーでない時代のキャバリア、タミコちゃんやウチの爺、、、もしかしたら兄弟かも?(♂2&♀2で産まれました)なんて思いながら楽しく、時にはキュンとしながら読ませて頂いていました。

命あるものはいずれ・・・と分かっていても 気持ちは付いて行かないですよね。
『フランダースの犬』みたいに 共にいくことが出来ればっていつも思います。。。
今頃タミコちゃん、楽しく過ごしてますね!
昨年天国に行った我が家の猫(SUZUと言います)が、『アレ?富士丸と似てるけど毛に黒が入ってるニャン??』なんて言いながら、付きまとっているかもデス。。。
ゑさま、落ち着かれましたら 是非タミコちゃんの絵をお願いします!
楽しみにしていますので、お願いします!!
Commented by ラルママ at 2006-11-07 21:37 x
ゑさん、お疲れ様でした。タミコちゃんは幸せでしたね。
うちは8歳のキャバがおります。沢山の勇気と幸せを分けていただきました。感謝の気持ちでいっぱいです。

落ち着いたら是非、イラストを書いてください。

楽しみにしております。。。

Commented by mami at 2006-11-07 23:24 x
何かタミコちゃんの病状がかわっていないかなと気にしていましたが
天国に行かれたのですね。
いつも近くにいてくれたタミコちゃんがいない淋しさはぬぐえないと
思いますが、次第に涙が減り、辛く悲しい思いとなるよりも
思い出すたびに笑顔がでる日々がやってきますように。。
タミコちゃんのブログ、とじないで下さいネ。
Commented by tamico_cavalier at 2006-11-08 04:49
★みなさま
オムツを替えたり、KFCを食べてても暴れるケモノがいない生活が、こんなにも寂しいなんて
想像もしませんでした。大量の「ドレミMサイズ(紙おむつ)」を見るたびに
「どうすんだ・・・これ。(涙)」とションボリします。

>富士丸まい。さん
1992年4月生まれだった記憶があります。生まれは宮崎市。
お母さんが大柄のトライカラー。赤ん坊は4匹で、全部トライだったので
「キャバリア=3色」だと
ばかり思ってました。かなりあとで茶&白が主流としってビックリでした。
(ブラックタン・ルビーを見た日には、驚愕でした)
タミコさんは華奢なので、実家の近所のキャバオーナーさんたちに「これくらいだと
思ってたら、大きくなっちゃったのー(涙)」と、よく言われました。タミコが華奢すぎる
んだと思うんですけどね。タミコのおかーさんは、かなりデカかったです。
Commented by 富士丸まい。 at 2006-11-08 11:49 x
ゑ さま

度々お邪魔します。

タミコちゃん、宮崎生まれ・・九州の女子(オナゴ)なのですね~。
富士丸は埼玉出身で3月生まれなので兄弟では無いのかぁ・・・残念。
(しかも12.5㎏の元祖デカキャバです(;_:) )

ワタシはゑさまとは逆に、キャバリアに トライ・ブラタン・ルビーが居ることを割合最近知りました。
なかなか覚えられず、トライ=三毛(ミケ)(←猫かっ!) ・ ブラタン=黒茶(←まんまやん!) ・ ルビー=一色(←何だかシツレイ) なーんて呼んでました。 ブレンも白茶とかブチとか。

14年前のトライちゃんは珍しかったんじゃないかな?
少なくともウチの近隣では見掛けたことがなかったデス。

ゑさま、時間(とき)が解決してくれると分かっていても、辛いものは辛いし
寂しいですよね。
ガンガン泣いて、泣いて、泣いて、、、そしたら ふっとタミコちゃんとの楽しい思い出とかで笑顔になる日が必ず来ますから。。。
ニャンコさん達の為にも・・・。

みなさんと同じく、ブログ閉じないで下さい。

Commented by にいな at 2006-11-08 18:14 x
タミコ母さん、本当に本当にお疲れ様でした。私も亡くした事があるので、お気持ちは少しながらわかります。どんどん泣いてみんなで思い出話をしましょうよ。タミコさんは本当に幸せだったですよ。私もタミコ母さんを見習って精一杯育てます。タミコさんとタミコ母さんに感謝。
Commented by lemonodasos at 2006-11-09 18:35
タミコさんのご冥福をお祈りします。
私の経験から、ペットがいると世話で大変なこともありますが、いつもそこにいる存在の大きさがありました。いつか別れが来るのは分かっているのに、その日が来た時はつらかったです。
私があの世へ行ったら、私の大好きなみんなが、虹の架け橋で待っていると信じています。
寂しくなりますが、元気を出してください。


Commented by 鬢ちゃん at 2006-11-09 19:45 x
をりちゃん

14年間 ほんとうに人間の喜怒哀楽に付き合ってくれたタミコに感謝だね、とってもすばらしい子だったね 一昨年倒れてから色々大変な生活だったろうけど タミコもそれに答えて一生懸命生きてくれて嬉しい事だよ

今から少しだけ寂しくなるけど、すぐに気持ちは切り替えられないけど
タミコの分まで 楽しい生活に戻ってね 上手に書けないけどさ!!

タミコのご冥福を心からお祈り申しあげます。
Commented by 花子のママ at 2006-11-11 01:44 x
こんばんは。(この前に自分の書いたメッセージを修正するつもりで、削除してしまいました。要点だけ書き直します。)

余ったオムツなどを私は県の動物愛護協会へ寄付しました。フード、おしっこシート、中古のバスタオルなども大変喜ばれました。私の県では、この他に、新聞紙やレジ袋(お散歩の際使用)などもいくらあっても嬉しい、という感じでした。県によって事情は違うと思いますが、情報まで。

タミコさんが現役引退して、もう10日経つんですね…。街でKFCを見るたびに、タミコさんを思い出しています…。
Commented by tamico_cavalier at 2006-11-11 12:23
お一人お一人にコメントできる心のヨユーができてきました。
みなさん、ありがとうございます。どれだけ支えられたかわからないくらいです。

★富士丸まいさん
12キロ!! それは大きいですね(゚ロ゚) タミコは6キロでした。ニャニャオたちは
それより重いです。タミコの指定席に堂々と座ってやがるのが、ちょいと腹立たしい
今日この頃です・・・。まだまだ思い出してはポロリと涙がこぼれますが、楽しかったことも
思い出しつつ、がんばります。ブログは閉じない予定です。

★にいなさん
今になって「あぁしてあげればよかった。もっともっとあんなこと、こんなことしてあげれば・・・」
などなど、思いが尽きません。そんなものなのかもしれないなぁ・・・。と思いつつも
やっぱり・・・堂々巡りです。しばらくそんな日々が続くのかもしれないです。

★lemonodasosさん
世話していた時の存在が、こんなにも大きかったなんて!と今さら驚いています。
そこにいてくれるだけでよかったんだなぁ・・・と。まだまだ心にポッカリ穴があいてます。
マルコビッチの穴ではなくって、タミコの穴。のぞいたら、タミコが見えるといいんだけど・・・。
Commented by tamico_cavalier at 2006-11-11 12:23

★鬢ちゃん
ありがとー。本当にありがとう。杏さんも、これを乗り切ったんだろうか。
そんなことばかり考えちゃいます。メソメソしてちゃあいけないんだろうし
タミコもそれを望んでないだろうから、元気出していきます。

★花子のママさん
なるほど。そういうこともあるんですね。
ただ、私の住むK市って、動物の「処分率」が激高なんです・・・。
「愛護センター」じゃなくって「サヨナラセンター」。獣医さんもカンカンでした。
でもでも、きっと愛護団体はあると思うので、がんばって探してみますね。
(それか、ニャニャオ介護の日まで、とっておくとか・・・)

そうなんです。私もKFCを見ると、ついつい思い出してしまいます。
しばらく「キール(ささみ部分で、ナンコツ付きの部位)」は食べられそうにありません。
Commented by 富士丸まい。 at 2006-11-11 21:55 x
またまたお邪魔しますぅ。

あのぉ・・ニャニャオさん達って、そんなに大きいのですか?
タミコちゃんより重いとなると・・?
猫ちゃんですよね? ミニチュアタイガーとかじゃなく・・? (=^・^=)

ウチのニャンコは3キロくらいで 天国に行く頃には2.5キロくらいになっちゃったので、ニャンコってそんなものかと思ってました。。。
(ニャンコ歴一匹デス)
そっかぁ~。勉強になります。(←何の?!)

ブログ これからも遊びに来させて下さいマセね♪
Commented by tamico_cavalier at 2006-11-13 21:46
★富士丸まい。さん
かなり・・・。('A`)デカいです。
さっき写真撮ったので、UPしますね。
今日、先輩のお店にお邪魔したのですが、そこの猫は小さかったんですよ。
でも、猫マニアの先輩に言わせると
「おまえんとこの猫、デカすぎ。」
だそーです。(涙
Commented by atsumin2 at 2006-11-22 11:01
しばらく来られない間に、タミコちゃん、天国に旅立ってしまったんですね。とても残念で涙が出てしまいました(ごめんなさい)。
私がショックなんだから、tamico_cavalierさんの寂しさは…と思うととても胸がしめつけられます。
ペットを飼っているといつか別れがくるもの…と思っても、現実にはつらいですよね。でも、タミコちゃん、みんなの心の中にずっと生き続けているし、天国からずっと家族みんなの幸せを願ってくれてると思います。
我が家の猫も14歳でこの前、膀胱炎と尿路結石になって(女のコなのに)、しばらく心配でしたが、なんとか大丈夫でした。
とりあえず、tamico_cavalierさんもゆっくり休んでくださいね。お疲れさまでした。また遊びに来ますね。
Commented by tamico_cavalier at 2006-11-22 13:54
★atsumin2さん
ありがとうございます。1週間ほど、本当に立ち直れるか自分でも不安でしたが
ニャニャンたちが、なにかと支えになったよーな気がします。
特にシロさんは、ものすごく甘えん坊さんで、ワンコのようにいつもいつも
引っ付いてくるので、タミコと寄り添っているような気になることがあります。

でも、口元が・・・。あのふっくらした口元が恋しいです(涙
Commented by ぐっち at 2006-11-30 19:14 x
パソコンが不調でHDを取り替えている間に、タミコちゃんは神様の下に行かれたのですね。悲しくて、これ以上なんとも言えません。

優しいママとパパにたくさんかわいがってもらい愛情をそそがれたタミコちゃんはとっても幸せだったですね。だって、あんなにすてきな絵をいつも描いていてもらっていたのですものね。

ご冥福をお祈りいたします。
寒くなりました。 おからだに気をつけてくださいませ