老キャバリア・タミコさんのヨボヨボ想い出+中年義兄弟RandyとEarlの日記


by tamico_cavalier

プロフィールを見る
画像一覧

お天気と時間と本棚

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

プチリンコ

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ






  -プロフィール-
タミコ キャバリア
 (14歳)
 2006年10月31日召天
 ふだんはヨボヨボ。
 飯を見ると10歳若返る
 リンゴ狂。

クロさん 和猫
 (18歳超くらい?)
 シロさんの弟(らしい)
 サバイバル度:トラ並
 運動神経:ヒョウ並
 頭脳:孔明並
 しかしゲロ子がいないと
 オロオロしてしまう。
 「7才向けカリ飯」には
 見向きもしないガンコ
 親父

ゲロ子(シロさん) 
 和猫(18歳超くらい?)
 クロさんの兄さん
(らしい)
 草マケ体質(ハゲる) 
 結石体質 運動神経:低
 甘え度:キャバリア並
 いわゆる「残念な兄」
 (by tamaken氏
 出典:千原ジュニア氏)

Randy キャバリア
 (8歳)
 タミコさんを失った
 かあちゃんを支え、
 洗濯をさせるべく
 生まれてきた、運命の
 キャバリアくん。
 ヒト姉ヤスベエと同じ
 誕生日
 
Earl キャバリア
 (8歳)
 タミコのおもかげを持つ
 トライくん
 オムツのとれない残念な
 兄をオムツから解放する
 べく、やってきた!
 ロケットボーイ
 好きなもの 松ぼっくり
       タワシ

ヤスベエ ヒト
 21歳
 生まれた時から母親に
 似顔絵を描かれまくり
 かなり辟易している。
 特にWiiの似顔絵Miiの
 ヤスベエは激似。
 
ワタクシ(をり太) ヒト
 自称25歳
 人に厳しく自分に激甘
 体質:やせない 
 性格:ガンコちゃん
 将来の夢:山羊と肥後
     ちゃぼの飼育と
     晴耕雨読生活
 欲しいモノ : 秘密基地
    

 -キャバリンク-

ちょっと なかゆくい
気まぐれ★タフィー
PAL with us
 (and you)

ぼくとキャバキン
うちのキャバリア
キャバリアりんと
ダックスふくの徒然日記

Chiemomのsomeday somewhere
☆モモとレオ☆
メルちゃんポポちゃん
キャバってます!!
 -キャバリアの気持ち-

R+C+M Field

 -ニャニャンリンク-

茶寅堂

 -朋友リンク-

 Uncle Charlie
 Collection

 おともだちのお店です
 たまにワタクシが作った
 モノも置いてもらって
 マス

 BLUES T-BONE
 たまに居ます。

 ワンコ系リンク

Pickles*
 イカす!
 "ちょい似イヌ"

ちょい似イヌ*犬小屋便り

 -ワンコリンク-

ノラちゃんのギリシャ!
写真家の犬
 -le chien de photogrape-

いぬパリ
びーまりょ
ぽちとルイ
 (小山るみこさん)

 zakki -雑記-
ロングロングケーキ
伝助と福助
乙女ビーグル犬アディ
の毎日

お気に入りブログ

パンダから君へ
日刊ギリシャ檸檬の森 古...
なごみネコとなごむ暮らし
Bird's Shies...
花芸家の犬
自分に気合い!!
凛☆として
marronの雲
ミニアチュール

ライフログ

カテゴリ

タミコ
オモヒデ
少年ボーイズ
ニャニャン
オシラセ
ソノタ

以前の記事

2016年 11月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
more...

画像一覧

タミコの思ひ出 其の参

タミコさんは小さい頃、歯がカユくてカユくて たまらなかったみたいです。
乳歯との生え変わりの時?相当にカユかったみたい。
そこらじゅうをガジガジしてました。
オモチャじゃ足りなかったみたいです。
特に被害にあったのは、本棚の下にある棚のトッテ。
a0078589_19483012.jpg

黒い本棚だったので、そこだけパゲてます・・・。
今でもクッキリ。
それを見るたび、しみじみします。
たぶん、この本棚、ずーっと使うだろうなあ・・・。(って、コメントで書いたですね)
[PR]
by tamico_cavalier | 2007-02-03 19:48 | オモヒデ | Comments(19)
Commented by greenagain at 2007-02-03 20:12
うっ、可愛い~
余程かゆかったんですね。
絵も可愛いです。味があって好きですー
Commented by せいろ at 2007-02-03 20:25 x
相当かゆかったんだ(笑)
イラストみるとなんだかすごく状況が想像できて
笑っちゃいますね。かわいいなあ。
Commented by miri-koro at 2007-02-04 00:44 x
タミコちゃん,自分のことを忘れないで〃と残していった刻印なのかもしれません。
忘れようったって忘れられるわけないですよね…大事な心の友のこと。。(≧ω≦)
(いまだ受け入れられなくて毎日,お骨入をカバーの上から撫でている私デス)
Commented by bs2005 at 2007-02-04 03:56
タミコちゃん、亡くなったのは少し後で知ったのですが、慰める言葉もなく、その後も何だか辛くてお邪魔していませんでした。  
 
でも、元気な頃の楽しくて可愛らしいタミコちゃんの姿に触れられて、とても嬉しいです。思い出話、可愛い絵とともに沢山、沢山見せ続けてください!それにしてもご主人、引き取りに行ったとき、見分けられたって凄い観察眼ですね~。それだけ運命の出会いだったんでしょうね。^^
Commented by tamico_cavalier at 2007-02-04 08:43
■greenagainさん
ありがとごじゃまーす(*´∀`)ノ゛
もーねっ、トッテのかじった跡、マジックで塗ろうかなぁ~と思ったけど、やめちゃった
くらいカワイかったんですよぉぉおおおおお(*ノノ)キャー ←親ヴァカ

■せいろさん
夢中になりすぎて、ひっくりきゃーってましたもん(;´∀`)
大型ワンコだと、これっくらいじゃあ済まないんだろーなー・・・と
「アニマル・プラネット」の「ブリーディングのすべて」って番組で、マスチフとか
やってるとシミジミしちゃうです。
Commented by tamico_cavalier at 2007-02-04 08:44

■miri-koroさん
かもかも・・・かなぁっ?! 噛み跡すら、キューン(´・ω・`)って気分になるから
そうなのかもですね。<刻印
「忘れたら、許さんけんねっっっ!!」ってことなのカモ。

■bs2005さん
気に留めてくださっていて、ありがとうございます!
アンだけじゃなく、タミコまで皆さんに愛されて、本当に感謝です。

元気な頃のタミコを描くまでに、しばらくリハビリしてました(汗
なにせ、ここ数年、タミコったらヨボヨボだったもので、ヨボヨボ犬しか描けなくなってた!!
よーやっと、「よちよちタミコ」が描けるよーになりました。
ワタクシも模様をチェックしていたとは、思いもよらず・・・。
先日「この話題をUPしたよー」と見せたら、「俺、そんなことしたっけ?」と
持ち前の健忘症を発揮してました。やはり、運命!?(゚ロ゚)
Commented by ニコナ at 2007-02-04 13:12 x
うちもニココナもガジガジであちこち削れちゃってます(^^;
幸い家具ばかりでおうちは無事ですー
こういう所を見てタミコちゃんのことを思い出すんですね^^
あの時は怒ったけど、今は懐かしくて愛おしいなぁ~って
Commented by tamaken@パル父 at 2007-02-05 00:10 x
取っ手は、そうですね、実に噛みやすそうですよね。
さすがタミコさん、ナイスチョイスでした。
そして、ガリガリでもガブガブでもなく、
やつらの噛みっぷりは、まさにアガアガですよね。
ゑ様、さすがですw
Commented by ねず at 2007-02-05 14:16 x
ウチの実家のマルチーズと同年代ですが、
タミコちゃんが赤ちゃんだった頃は、今ほどワングッズが充実してなかったですよね。
タフィーは、ウシのひづめをやっていたので、家具をかじったりとかしませんでした。
でも、想像できますね~、タミコちゃんのアガアガ・・・ふふ、カワイイですね。
Commented by ジョニママ at 2007-02-06 20:13 x
タミちゃんの思い出…胸がキュッ!
ベリも小さな頃、子供たんすのま~るい取っ手をカジカジしていました。
齧ったのは、その取っ手くらいです…もちろん、そのままになってます。
丸い取っ手をカジカジするのは…キャバリアのサガでしょうか?
Commented by 花子のママ at 2007-02-09 01:45 x
花子の先代、Taroは、テーブルの足を噛んでくれました。今となってはモニュメントです。花子は、6ヵ月近くなってウチに来たので、既に歯が生え変わっていました。もう痒くなかったのでしょうか…、さほど、歯形を付けられた記憶がありません。

ゑさんの絵、本当にかわいいです! ①取っ手の白いところが、本当に白い、②本棚の本のところが、鉛筆ぽくてちょっとメルヘン、③タミコさんの模様、実物と忠実なんだろうな、でもまだオチビさんで、ころころしている!…の三点が感想です。本当に才能があっていいですね。絵本が作れますね。

アニマル・プラネット、私も観ます。先日は、アメリカ、ネバダ州の刑務所で囚人が処分される運命の犬たちを里子に出せるようになるまで世話をする話でした。犬を助け、また、その活動を通し自分たちも犬に助けられて成長していく、という番組をやっていました。生まれたての子犬を世話する人、人間不信に陥ってしまった成犬をケアする人等。犬を世話しながら、皆「いい人」になっていく感じが感動的でした。
Commented by tamico_cavalier at 2007-02-10 21:45
■ニコナさん
いづこも同じガジガジされっぷりなのですね~。
当時は買ったばかりの家具だったので、なんてことしやがるんだーっ(怒
と思いましたが、何度も引っ越しているうちに、いろんなところがガジガジに
なるもんで、キニシナイ!! 意外と我が家のニャニャコどもはガリガリしない
んですよ。そこらじゅうに爪とぎ置いているから?

■パル父さん
実に程よい高さなのでした(*´∀`) 今考えても、こりゃガジられるわい。
って思うです。もー、アゴがはずれんばかりのアガアガ状態ですよね♪

■ねずさん
ワングッズなんて、綿糸を束ねた骨モドキとか、そんなんばっかでした。
牛のヒヅメ!! こりゃ夢中になりそうですね。天然モノだし。
実家のジョン助(雑種君・享年18歳、全ての歯が残っていた男)は、出汁を
とった後のトンコツを与えられておりました。だから歯が丈夫だったのかなあ?
とても室内犬には与えられないケモノ臭でした=トンコツ。
Commented by tamico_cavalier at 2007-02-10 21:56
■ジョニママさん
ちょっと高いところにあって、口より大きい取っ手はムリだったようで、無事です。
やはり、程よい高さと、程よい大きさ。これ大事なのかもですね(*´∀`)
タミコさんに小さい頃があったやうに、ベリさんにもあったのですよねっ!!
ベリさんの「お風呂でウットリ」の表情が忘れられません。

■花子のママさん
モニュメント。まさにそうですよねぇ。ナデナデしちゃいます。
マジックで消さなくてヨカター♪
刑務所犬の話、いいですよね~。ものすごく屈強な囚人が、チビワンコに
ワタワタさせられる姿が、たまらなかったです。
それを見たあとで、崖っぷち犬が、すぐに引き渡された(しかも、ワンコを
飼ったことがないオバサマに)のがシンジラレナイ!!
野犬をそのまま引き渡すなんて・・・。
とは言うものの、引き取り手がなくって「処分」されちゃうのに比べれば幸せ
なのかしら?イヤイヤ、本当に後進国なのでしょうね<日本
Commented by 花子のママ at 2007-02-11 21:05 x
崖っぷち犬ちゃんの引渡しは、たくさん応募者がいたのだから、「くじ引き」ではなく、まず「飼い主の資格の面接」をし、ちゃんと野犬をリハビリしながら飼えそうな人に絞り込んでから、今度は、ワンちゃんと引き会わせてご対面させて相性を見て、最後に、同じくらいのレベルの人が複数いたらくじ引きにすれば良かったんですよね。ある程度大きな都市や、ボランティア団体などはある程度進んでいるのかもしれませんが…。
「広島の事件」の時は(色々とそれなりに問題があったということも読みましたが)かなり飼い主の資格があるかどうかのチェックが入ったようです。野犬であり、かつ、恐怖体験があるワンちゃんを飼うのは難しいでしょうね。テレビで、飼い主さんが崖っぷちちゃんに牙をむかれて、「怖いね…。」と言っていた姿を見て、あの飼い主さんではなく、飼い主さんの選定方法の決め方が間違っている(いた)と思いました。。うまく、心が通ってくれるといいと願っています。
Commented by tamico_cavalier at 2007-02-12 00:45
■花子のママさん
初めての人にはキャバリアのような、獣医さんにも尻尾を振るよーなワンコじゃないと・・・
リハビリ期間もなく、いきなり初めて飼う人に渡しちゃったのは怖いなぁ・・・。
散歩とか、どうしてるんだろう?などなど思っちゃいます(´・ω・`)。
Commented by 花子のママ at 2007-02-12 10:22 x
本当ね。キャバリアは「絆」を作りやすいですね。リハビリは、健康回復の程度だったみたいですよね。
Mixは日本犬の血が入っているモノが多く、日本犬は、「だれにでもヘラヘラ」ではないから、野犬だった、Mixでどういう特性を持つかが予測できない…という事に加えて、途中から飼い主が変わる事も難しいのだろうな…。
でも、例え、あのオバサマがギブアップして、もう一度、飼い主を考え直すことがあっても、あのオバサマがバッシングされないといいと思います。
(獣医さんに尻尾を振る件、まったくそうですね。花子は、病気になる前に通っていた獣医さんでは、他の患犬がいないとき、待合室で放すと、自分で歩いて診察室へ入ってきました。「先生、また来ました!」という感じで。先生もびっくりされていました。ちなみに、診察室の壁の高い位置に、ネコの爪あとが…。)
Commented by tamico_cavalier at 2007-02-12 10:52
■花子のママさん
よくキャバリアの話題を他所でしていると、保健所のワンコとかを助けてあげれば
いいじゃまいか!と言われるのですが、やはりキャバリアの気質というのが
ワタクシにピッタリなのですよね。
MixにはMixの良さがあるんですけどね・・・。花子のママさんがおっしゃる通り
想定外の気質があるでしょうね。
獣医さんに入院中だった「ミニチュアピンシャーのMix」は、俺の辞書に
「落ち着き」って文字はないゼ!! と言わんばかりに暴れておりました。
飼い主さんは、ここまで元気モンだとは予想してなかったらしーです。

そいでもって「ブリーディングのすべて」を見ると、おもしろいんですよね~(*´∀`)
Commented by 花子のママ at 2007-02-12 22:00 x
私も、花子が癌で苦しんでいて獣医さん通いしていた頃、色々な重病の犬猫を見て、また、動物愛護協会に行った時に見た棄てられたワンちゃんたちを見て、確かに、キャバリア飼い主がブラタンだ、ルビーだと言ったり、フリフリとお洋服を着せたりする世界って、「なんか違う」と思った時期がありました。そして、次、またワンちゃんを飼うのなら、保健所行きのワンちゃんをレスキューするのもいいか、とも…。
でも、色々な犬がいて、色々な人がいて。やはり「気質」の相性もあるでしょうし、何より、飼い主さんが自分の生活に犬を加えることで何を求めているのか、という事が大事なのでは、と思うようになりました。心に傷のあるワンちゃんを飼って、それを通して自分も得るものがある、と思える人もいるし、ストレスが多い生活で、犬でポワ~ンと癒されたい、と思う人もいるでしょう。
最近、どんなに遠くの方にいても、尻尾をブルンブルン振り回して歩いているキャバリアを見つけてしまう自分には、やはり、キャバリアしかいないのかなぁ~、と思う事が多くなってきました。
当分先だから、ゆっくり考えますけどね。U・x・U
Commented by SHIOSHIO at 2007-02-16 21:25 x
なんでわんこは同じことするんだろ。(笑)

我が家のチェスとも、取っ手が丸くてちょうど噛み心地良かったんだろうねぇ・・・これまた犬太さんですが、やられました。
もちろん、いまだそのチェスとは健在。^^;