老キャバリア・タミコさんのヨボヨボ想い出+中年義兄弟RandyとEarlの日記


by tamico_cavalier

プロフィールを見る
画像一覧

お天気と時間と本棚

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

プチリンコ

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ






  -プロフィール-
タミコ キャバリア
 (14歳)
 2006年10月31日召天
 ふだんはヨボヨボ。
 飯を見ると10歳若返る
 リンゴ狂。

クロさん 和猫
 (18歳超くらい?)
 シロさんの弟(らしい)
 サバイバル度:トラ並
 運動神経:ヒョウ並
 頭脳:孔明並
 しかしゲロ子がいないと
 オロオロしてしまう。
 「7才向けカリ飯」には
 見向きもしないガンコ
 親父

ゲロ子(シロさん) 
 和猫(18歳超くらい?)
 クロさんの兄さん
(らしい)
 草マケ体質(ハゲる) 
 結石体質 運動神経:低
 甘え度:キャバリア並
 いわゆる「残念な兄」
 (by tamaken氏
 出典:千原ジュニア氏)

Randy キャバリア
 (8歳)
 タミコさんを失った
 かあちゃんを支え、
 洗濯をさせるべく
 生まれてきた、運命の
 キャバリアくん。
 ヒト姉ヤスベエと同じ
 誕生日
 
Earl キャバリア
 (8歳)
 タミコのおもかげを持つ
 トライくん
 オムツのとれない残念な
 兄をオムツから解放する
 べく、やってきた!
 ロケットボーイ
 好きなもの 松ぼっくり
       タワシ

ヤスベエ ヒト
 21歳
 生まれた時から母親に
 似顔絵を描かれまくり
 かなり辟易している。
 特にWiiの似顔絵Miiの
 ヤスベエは激似。
 
ワタクシ(をり太) ヒト
 自称25歳
 人に厳しく自分に激甘
 体質:やせない 
 性格:ガンコちゃん
 将来の夢:山羊と肥後
     ちゃぼの飼育と
     晴耕雨読生活
 欲しいモノ : 秘密基地
    

 -キャバリンク-

ちょっと なかゆくい
気まぐれ★タフィー
PAL with us
 (and you)

ぼくとキャバキン
うちのキャバリア
キャバリアりんと
ダックスふくの徒然日記

Chiemomのsomeday somewhere
☆モモとレオ☆
メルちゃんポポちゃん
キャバってます!!
 -キャバリアの気持ち-

R+C+M Field

 -ニャニャンリンク-

茶寅堂

 -朋友リンク-

 Uncle Charlie
 Collection

 おともだちのお店です
 たまにワタクシが作った
 モノも置いてもらって
 マス

 BLUES T-BONE
 たまに居ます。

 ワンコ系リンク

Pickles*
 イカす!
 "ちょい似イヌ"

ちょい似イヌ*犬小屋便り

 -ワンコリンク-

ノラちゃんのギリシャ!
写真家の犬
 -le chien de photogrape-

いぬパリ
びーまりょ
ぽちとルイ
 (小山るみこさん)

 zakki -雑記-
ロングロングケーキ
伝助と福助
乙女ビーグル犬アディ
の毎日

お気に入りブログ

パンダから君へ
日刊ギリシャ檸檬の森 古...
なごみネコとなごむ暮らし
Bird's Shies...
花芸家の犬
自分に気合い!!
凛☆として
marronの雲
ミニアチュール

ライフログ

カテゴリ

タミコ
オモヒデ
少年ボーイズ
ニャニャン
オシラセ
ソノタ

以前の記事

2016年 11月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
more...

画像一覧

つきそい生活

我が家から病院までは市電(路面電車)で行けます。
なので通うのは楽でした。
朝9時から病院が開きますので、その時間にお邪魔します。
院長夫人が一番に来ていいですよ、とおっしゃってくださったからです。

病院につくと、院長が牛肉のスープを用意して待っていてくださいました。
昨晩は飲まなかったそうですが、朝は飲むかも・・・とのことでした。
とても良い香りがするスープで、澄んでいる上等のスープです。
上等の牛肉をしっかりアクを取って、丁寧に作ったスープで、私も「の・・・飲みたいっ」
と思うほど、良い香りなのです(*´Д`)グゥ~
昨晩も、先生はつきっきりでタミコを看て下さったそうです。
尿が頻繁に出たので、腎臓の機能はダイジョウブなようでした。

まだ酸素室からは出せないとのことで、その日は一日そばにいました。
スープもまだ飲みませんでした。
栄養と水分は注射で取りました。

次の日、病院へ行くと酸素室から出されてました。
呼吸が安定したので、出したとのことでした。
早朝にはスープを少し飲んだそうです。
飲ませ方を教えていただきました。
そして、待合室の椅子にタオルを厚めに敷いて、保冷剤をタオルで包んだ
ものをタミコの側に置いて、ペットシートを敷いて寝せました。
a0078589_11552989.jpg

スープを飲ませたり、あっという間に細くなった足をマッサージしたり
して過ごしました。
待合室は、もう一箇所あるのですが、良い部屋の方を占領してしまって
とても申し訳ない気持ちになりましたが、みなさんが「構いませんから、気楽に
しててください。」とおっしゃって下さり、タミコの世話に集中することができました。

なにより、タミコが寂しくないのが嬉しかったです。
[PR]
by tamico_cavalier | 2005-07-21 11:47 | タミコ | Comments(0)