老キャバリア・タミコさんのヨボヨボ想い出+中年義兄弟RandyとEarlの日記


by tamico_cavalier

プロフィールを見る
画像一覧

お天気と時間と本棚

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

プチリンコ

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ






  -プロフィール-
タミコ キャバリア
 (14歳)
 2006年10月31日召天
 ふだんはヨボヨボ。
 飯を見ると10歳若返る
 リンゴ狂。

クロさん 和猫
 (18歳超くらい?)
 シロさんの弟(らしい)
 サバイバル度:トラ並
 運動神経:ヒョウ並
 頭脳:孔明並
 しかしゲロ子がいないと
 オロオロしてしまう。
 「7才向けカリ飯」には
 見向きもしないガンコ
 親父

ゲロ子(シロさん) 
 和猫(18歳超くらい?)
 クロさんの兄さん
(らしい)
 草マケ体質(ハゲる) 
 結石体質 運動神経:低
 甘え度:キャバリア並
 いわゆる「残念な兄」
 (by tamaken氏
 出典:千原ジュニア氏)

Randy キャバリア
 (8歳)
 タミコさんを失った
 かあちゃんを支え、
 洗濯をさせるべく
 生まれてきた、運命の
 キャバリアくん。
 ヒト姉ヤスベエと同じ
 誕生日
 
Earl キャバリア
 (8歳)
 タミコのおもかげを持つ
 トライくん
 オムツのとれない残念な
 兄をオムツから解放する
 べく、やってきた!
 ロケットボーイ
 好きなもの 松ぼっくり
       タワシ

ヤスベエ ヒト
 21歳
 生まれた時から母親に
 似顔絵を描かれまくり
 かなり辟易している。
 特にWiiの似顔絵Miiの
 ヤスベエは激似。
 
ワタクシ(をり太) ヒト
 自称25歳
 人に厳しく自分に激甘
 体質:やせない 
 性格:ガンコちゃん
 将来の夢:山羊と肥後
     ちゃぼの飼育と
     晴耕雨読生活
 欲しいモノ : 秘密基地
    

 -キャバリンク-

ちょっと なかゆくい
気まぐれ★タフィー
PAL with us
 (and you)

ぼくとキャバキン
うちのキャバリア
キャバリアりんと
ダックスふくの徒然日記

Chiemomのsomeday somewhere
☆モモとレオ☆
メルちゃんポポちゃん
キャバってます!!
 -キャバリアの気持ち-

R+C+M Field

 -ニャニャンリンク-

茶寅堂

 -朋友リンク-

 Uncle Charlie
 Collection

 おともだちのお店です
 たまにワタクシが作った
 モノも置いてもらって
 マス

 BLUES T-BONE
 たまに居ます。

 ワンコ系リンク

Pickles*
 イカす!
 "ちょい似イヌ"

ちょい似イヌ*犬小屋便り

 -ワンコリンク-

ノラちゃんのギリシャ!
写真家の犬
 -le chien de photogrape-

いぬパリ
びーまりょ
ぽちとルイ
 (小山るみこさん)

 zakki -雑記-
ロングロングケーキ
伝助と福助
乙女ビーグル犬アディ
の毎日

お気に入りブログ

パンダから君へ
日刊ギリシャ檸檬の森 古...
なごみネコとなごむ暮らし
Bird's Shies...
花芸家の犬
自分に気合い!!
凛☆として
marronの雲
ミニアチュール

ライフログ

カテゴリ

タミコ
オモヒデ
少年ボーイズ
ニャニャン
オシラセ
ソノタ

以前の記事

2016年 11月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
more...

画像一覧

タミコのホスピス生活

タミコの介護は完全看護です。
自分で足が動かせないので、オムツは股間の血流を考えてつけられません。
a0078589_2150207.jpg

ダダ漏れ状態ですが、動かないのでオムツはいらないのです。
背中には凍らせたペットボトルをタオルに包んで、さらに冷やしてます。
温度計は常に23度。
「あれ?ハァハァ言ってる??」と思って温度計を見ると、25度になってます。
う〜む。正確だ。タミコさん。

夜中も2時間おきに床ずれ防止のため、体勢を変えます。
a0078589_21531059.jpg

我が娘ヤスベエが生まれた時だって、2時間おきの授乳やったことないのに。
(看護士さんまかせだったな)
ワタクシって、本当に「やれば少しはできる子」なんだなぁ〜(自画自賛)

牛肉スープやシジミスープをこまめに作っては、暖めて飲ませる。
オシッコがジャバジャバ出るのがとにかく嬉しいのでした。
[PR]
by tamico_cavalier | 2007-08-22 21:57 | タミコ | Comments(5)
Commented by 花子のママ at 2007-08-24 00:03 x
いやぁ~、大変でしたね。でも「やればできる」んですよね。そして、やれる環境があることは、幸せだったんだと思います…。
タミコさんの枕元にあるボールに刺さっているもの、エサをあげるときの注射器ですよね?? 花子も、食欲のなくなってしまったとき、流動食をあれでやっていました。「食べたくない!」という意志が強いとき、口を、キッと結んで開けてくれなかったのですが、実は、それ以前に、歯肉炎で、歯を7本抜いていたの。その隙間からエサを流し込んでいました。歯を抜いたときは、「本当に、手入れしてあげないでごめんなさい! (T。T) 」という気分でしたが、この時は、歯が抜けていて良かった、何が災い転じて福となるか、分からないものだなぁ~と思いました。
Commented by ねず at 2007-08-24 11:11 x
ウチのタフィーが介護が必要になった時、世話ができるか不安だったりします・・・。
私、2時間おきに起きるなんて出来るかな・・・(T_T)。
いやいや!きっと私も「やれば少しはできる子」のはず!!
その時のためにも、タミコちゃんの介護生活をしっかり読んで
参考にいたしますぞぉ~。
Commented by tamico_cavalier at 2007-08-25 23:02
@ 花子のママさん
看病できる環境にあったのは、とても幸いでした。家族のバックアップも
あって、本当に助かりました。妹も買い出しなど手伝ってくれて、病院への
送り迎えまでしてくれました。
横にあるの、スープ用スポイトです。そのとーり!!
最初はとにかく固形物はもちろん、流動食も摂ってくれなくて、泣きそう
でした。あの大食漢のタミコさんが食べないのが、なによりショック。
歯の隙間のコト、なにがどう転ぶかわかりませんね〜!!
タミコもこの時期、動けないからこそ、瞬間的に熟睡できたのかも
しれません。

@ねずさん
働きながらだと、ここまでできるか?というと、無理ですよね。
普通に生活していても、難しいと思います。なにより、そばにいることを
ワンコにわかってもらうことが大事だと思いました。
入院している間、毎日通わせていただいて、世話をさせてもらったのも
後から考えるとタミコにとてもよかったと思います。
結構入院させっぱなしの人が多くて、ビックリしたです。
Commented by みー。 at 2007-08-26 12:28 x
こんにちは~~。わいんママさんのところで、あのうちわを
拝見して、「もしやもしや?」とブログとかがおありなのでは?
と探してから、時々お邪魔して拝見させて頂いてます、みー
と申します。

ランディコさんがちょっとずつ成長していく様子も楽しみです
が、こんな風に時々書いて頂けるタミコさんの記事も好きです。
いまはもうタミコさんが居ないのだなあ、と思うといつも読みながら
ちょっぴり胸がキュンとしますが、いつもタミコさんへの愛情に溢れ
ていて、ああ、自分もこんな風にずっとごま(うちの犬)を看取って
やりたいなあ、やれるかなあ、と考えたりするんですよね。
これからもまた時々お邪魔させて下さい。ではでは~~。
Commented by tamico_cavalier at 2007-08-27 00:25
@みー。さん
はじめましてー。細々と描いてます。
遅々として更新されませんが、どうぞよろしくです。
ランデコくんは、ますます元気いっぱいで、ワタクシすっかり負けてます。
暑気あたりでグッタリしてよーが、おかまいなしで「かまって君」です。
疲れますが、こんな時はあっ!と言う間なんだなーと思うと、みっちり
かまってあげようと思うのでした。