老キャバリア・タミコさんのヨボヨボ想い出+中年義兄弟RandyとEarlの日記


by tamico_cavalier

プロフィールを見る
画像一覧

お天気と時間と本棚

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

プチリンコ

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ






  -プロフィール-
タミコ キャバリア
 (14歳)
 2006年10月31日召天
 ふだんはヨボヨボ。
 飯を見ると10歳若返る
 リンゴ狂。

クロさん 和猫
 (18歳超くらい?)
 シロさんの弟(らしい)
 サバイバル度:トラ並
 運動神経:ヒョウ並
 頭脳:孔明並
 しかしゲロ子がいないと
 オロオロしてしまう。
 「7才向けカリ飯」には
 見向きもしないガンコ
 親父

ゲロ子(シロさん) 
 和猫(18歳超くらい?)
 クロさんの兄さん
(らしい)
 草マケ体質(ハゲる) 
 結石体質 運動神経:低
 甘え度:キャバリア並
 いわゆる「残念な兄」
 (by tamaken氏
 出典:千原ジュニア氏)

Randy キャバリア
 (8歳)
 タミコさんを失った
 かあちゃんを支え、
 洗濯をさせるべく
 生まれてきた、運命の
 キャバリアくん。
 ヒト姉ヤスベエと同じ
 誕生日
 
Earl キャバリア
 (8歳)
 タミコのおもかげを持つ
 トライくん
 オムツのとれない残念な
 兄をオムツから解放する
 べく、やってきた!
 ロケットボーイ
 好きなもの 松ぼっくり
       タワシ

ヤスベエ ヒト
 21歳
 生まれた時から母親に
 似顔絵を描かれまくり
 かなり辟易している。
 特にWiiの似顔絵Miiの
 ヤスベエは激似。
 
ワタクシ(をり太) ヒト
 自称25歳
 人に厳しく自分に激甘
 体質:やせない 
 性格:ガンコちゃん
 将来の夢:山羊と肥後
     ちゃぼの飼育と
     晴耕雨読生活
 欲しいモノ : 秘密基地
    

 -キャバリンク-

ちょっと なかゆくい
気まぐれ★タフィー
PAL with us
 (and you)

ぼくとキャバキン
うちのキャバリア
キャバリアりんと
ダックスふくの徒然日記

Chiemomのsomeday somewhere
☆モモとレオ☆
メルちゃんポポちゃん
キャバってます!!
 -キャバリアの気持ち-

R+C+M Field

 -ニャニャンリンク-

茶寅堂

 -朋友リンク-

 Uncle Charlie
 Collection

 おともだちのお店です
 たまにワタクシが作った
 モノも置いてもらって
 マス

 BLUES T-BONE
 たまに居ます。

 ワンコ系リンク

Pickles*
 イカす!
 "ちょい似イヌ"

ちょい似イヌ*犬小屋便り

 -ワンコリンク-

ノラちゃんのギリシャ!
写真家の犬
 -le chien de photogrape-

いぬパリ
びーまりょ
ぽちとルイ
 (小山るみこさん)

 zakki -雑記-
ロングロングケーキ
伝助と福助
乙女ビーグル犬アディ
の毎日

お気に入りブログ

パンダから君へ
日刊ギリシャ檸檬の森 古...
なごみネコとなごむ暮らし
Bird's Shies...
花芸家の犬
自分に気合い!!
凛☆として
marronの雲
ミニアチュール

ライフログ

カテゴリ

タミコ
オモヒデ
少年ボーイズ
ニャニャン
オシラセ
ソノタ

以前の記事

2016年 11月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
more...

画像一覧

(拝借御免)わが町、探検! 〜ランデコお散歩公園にて

みなさまお久しぶりです(恥)
1月1日のblogは実家のPC(ビスタ)でUPしましたが、その後
ビスタのあまりの立ち上がりの遅さに、ムキーッ!!となり
自宅に戻ってみたものの、我がPC周りは「のだめ状態」
よーよこし(注:熊本弁で「やっとこさ」)キーボードの上とスキャナの上のモノを
どっかに移動させました。ふー

ねずさんのきまぐれ★タフィーの大人気コーナー「わが町、探検!」を
ちょいと拝借して、さつまいも王国のご紹介をば。

今晩はNHK大河ドラマ「篤姫」の第二話ですね。
先週ご覧になった方、於一(篤姫)が尚五郎(帯刀)と一緒に、ケチケチ家老
調所(ずしょ)広郷宅を突撃隣の調所さま晩ご飯なつめ菓子!した
シーンを覚えておいででしょうか?
実は、調所さまんちは、ランデコのお散歩公園の横にあります。
a0078589_15305720.jpg

(注:「調所さまー、ぼくにもなつめ菓子ください」)
    ↑ダンナ氏に教えてもらいました。
今は立派なでっかいマンションになってます。ちょっとしみじみしちゃいますネ。

しかし、お隣には恐れ多い名前のついた旅籠が...
a0078589_15424266.jpg

於一ちゃん!尚五郎くんと、こんなとこで...!!(妄)

当時の薩摩では、道ばたで男女が目を合わせることすら御法度だったらしい
ので、このシーンそのものがアリエナイのですが、そんなことやってると
ドラマになんないですね。キビシー藩だったらしいです。

お向かいさんは、これまた薩摩藩のために尽力した平田靫負さん宅跡です。
a0078589_15473567.jpg

いつもランデコがチーチーして、すみません...。

ここはとてもきれいに整備された公園になっていて、春になると桜が満開。
花見が楽しみでアリマス。
a0078589_17113396.jpg


ちなみに、調所広郷も平田靫負も、薩摩藩のために尽力した後、責任を
とって自害。ハラキリストリートですね。ガクガク

しっかし、今回の大河は方言出ませんね。むずかしいから??
「飛ぶが如く」では会津(敵)出身の西田敏行さんががんばったんですが。
なかなかどうして、ネイティブな薩摩マンには「違っ!(ちごっ)」だった
よーです。話さないなら話さないで、これまた寂しいようですよ。
尚五郎のお父さんとお勉強を教えてくれる小松先生は鹿児島出身なので
モリモリ話せるはずなんですが、西郷吉之助くんしか話さないのかな。ぐすん。
わたしもケコーンして15年になりますが、ヒアリングがやっとこさでごわす。

なので、Q州限定ドラマ
「南洲翁異聞〜おいどんは、丸腰・平和使節で韓国へ行く〜」(KTS 鹿児島テレビ)
を堪能することにしまする。濃ぃど〜。
[PR]
by tamico_cavalier | 2008-01-13 16:00 | ソノタ | Comments(5)
Commented by みちこ at 2008-01-13 22:43 x
をり太さん、今年も宜しくです。
それと、ランデコくんの1才の誕生日おめでとうございます!!

去年は、不幸な出来事が続き最悪でした。
今年も色々有りそうですが・・・これも運命
どうも病気が続いております。

同じ九州ですが、鹿児島弁はとても難しく解りませんねぇ。

春の桜が楽しみです。
Commented by agapi at 2008-01-14 07:50
ギリシャからあけましておめでとうございます。
昔は上下関係が厳しかったようですね。
徳川慶喜公のお孫さんだったかなぁ?
テレビの大奥のシーンはありえないという話です。
なぜかというと、慶喜公のご家庭はでは御台所さま以外にお子様がたくさんできました。
しかし公式に母とは御台所のことです。
それでお孫さんのお父さん(慶喜公の息子)は幼少の頃は実母を呼び捨てにしていたようです。
彼は慶喜公の二人の側室は身分をわきまえていたというのでした。
それで、お孫さんは昨今のドラマの中の大奥が取り上げ方がおかしいと言っていたようです。「日本女性の名・下」に書いてありました。
Commented by tamico_cavalier at 2008-01-15 02:20
@みちこさん
今年もよろしくです〜。お誕生日の日、BlogにUPしてないという...
なんとも薄情なランデコかーちゃんです。(汗)
昨年はたいへんだったのですね。それに、りんちゃんが名古屋
に旅だってしまうし....(涙)
鹿児島の言葉は難しいっすー。熊本は平坦なイントネーション
で、かつドスが効いてるし。鹿児島からすると、ほんなこて
喧嘩ごしに聞こえますよ。自分で話しててそう思うところが
なんともはや...
今年はお互い、いい年になりますよーに。(念)
Commented by tamico_cavalier at 2008-01-15 02:25
@agapiさん
あけましておめでとうございます。
大奥のシーンはまず御台所クラスは「歩かない」そうですね。輿に乗って移動したそうで...。
そうすると、廊下での睨み合い(ドラマの見せ所)がなくなっちゃいますね。
第一章(家光)の時代の女性の髪型も全然違いますし。
でも面白いのでついつい見てしまいますよ。
丁度、昨日から時代劇チャンネル(CS)にて「飛ぶが如く」が始まりました。なかなか濃いぃぃぃ〜くて、懐かしいです。
俳優さんがみなさん、若い若い。

薩摩では、特に武士階級の上下が厳しく、のちの小松帯刀、
尚五郎さんクラスと、西郷さんたちクラスの武士が軽く言葉を
かわすなんてありえないそうで。津本陽さんの「薩南示顕流」や平田弘史氏の漫画「薩摩義士伝」を読むと、下級武士の生活が
あまりに過酷なもので、読んでいて身震いしました。

側室の子といえ、慶喜の実の息子=跡継ぎ なのだから、側室は
呼び捨てなのですね...乳母もついていたでしょうし、普通の家庭
とはかけ離れた世界ですね。そのままドラマ化しちゃうと、なん
とも寒々しい(笑)。
Commented by tamico_cavalier at 2008-01-15 02:25
追記)
西宮にいたころ、教会にて小松さんという男性とお話する機会が
ありまして、私が鹿児島から来ていると知って声をかけて下さっ
たんですが、実は小松帯刀のご子孫だそうで「ご存知ですか?」
と聞かれて、もちろん!!!!!と答えましたら嬉しそうに
されてました。ものすごーくジェントルマンなオジサマでした。
さすが小松帯刀のご子孫だな〜としみじみしちゃいました。