老キャバリア・タミコさんのヨボヨボ想い出+中年義兄弟RandyとEarlの日記


by tamico_cavalier

プロフィールを見る
画像一覧

お天気と時間と本棚

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

プチリンコ

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ






  -プロフィール-
タミコ キャバリア
 (14歳)
 2006年10月31日召天
 ふだんはヨボヨボ。
 飯を見ると10歳若返る
 リンゴ狂。

クロさん 和猫
 (18歳超くらい?)
 シロさんの弟(らしい)
 サバイバル度:トラ並
 運動神経:ヒョウ並
 頭脳:孔明並
 しかしゲロ子がいないと
 オロオロしてしまう。
 「7才向けカリ飯」には
 見向きもしないガンコ
 親父

ゲロ子(シロさん) 
 和猫(18歳超くらい?)
 クロさんの兄さん
(らしい)
 草マケ体質(ハゲる) 
 結石体質 運動神経:低
 甘え度:キャバリア並
 いわゆる「残念な兄」
 (by tamaken氏
 出典:千原ジュニア氏)

Randy キャバリア
 (8歳)
 タミコさんを失った
 かあちゃんを支え、
 洗濯をさせるべく
 生まれてきた、運命の
 キャバリアくん。
 ヒト姉ヤスベエと同じ
 誕生日
 
Earl キャバリア
 (8歳)
 タミコのおもかげを持つ
 トライくん
 オムツのとれない残念な
 兄をオムツから解放する
 べく、やってきた!
 ロケットボーイ
 好きなもの 松ぼっくり
       タワシ

ヤスベエ ヒト
 21歳
 生まれた時から母親に
 似顔絵を描かれまくり
 かなり辟易している。
 特にWiiの似顔絵Miiの
 ヤスベエは激似。
 
ワタクシ(をり太) ヒト
 自称25歳
 人に厳しく自分に激甘
 体質:やせない 
 性格:ガンコちゃん
 将来の夢:山羊と肥後
     ちゃぼの飼育と
     晴耕雨読生活
 欲しいモノ : 秘密基地
    

 -キャバリンク-

ちょっと なかゆくい
気まぐれ★タフィー
PAL with us
 (and you)

ぼくとキャバキン
うちのキャバリア
キャバリアりんと
ダックスふくの徒然日記

Chiemomのsomeday somewhere
☆モモとレオ☆
メルちゃんポポちゃん
キャバってます!!
 -キャバリアの気持ち-

R+C+M Field

 -ニャニャンリンク-

茶寅堂

 -朋友リンク-

 Uncle Charlie
 Collection

 おともだちのお店です
 たまにワタクシが作った
 モノも置いてもらって
 マス

 BLUES T-BONE
 たまに居ます。

 ワンコ系リンク

Pickles*
 イカす!
 "ちょい似イヌ"

ちょい似イヌ*犬小屋便り

 -ワンコリンク-

ノラちゃんのギリシャ!
写真家の犬
 -le chien de photogrape-

いぬパリ
びーまりょ
ぽちとルイ
 (小山るみこさん)

 zakki -雑記-
ロングロングケーキ
伝助と福助
乙女ビーグル犬アディ
の毎日

お気に入りブログ

パンダから君へ
日刊ギリシャ檸檬の森 古...
なごみネコとなごむ暮らし
Bird's Shies...
花芸家の犬
自分に気合い!!
凛☆として
marronの雲
ミニアチュール

ライフログ

カテゴリ

タミコ
オモヒデ
少年ボーイズ
ニャニャン
オシラセ
ソノタ

以前の記事

2016年 11月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
more...

画像一覧

タミコの思ひ出 復活から半年後...その3

当時、仕事していたワタクシは、ここ一週間が山だ!と思い
タミコさんと一緒に実家に泊まり込むことにしました。
病院から戻って、実家にタミコさんを預けて仕事に行きました。
昨日おしっこが出ていたので、吐きませんように!!と祈りつつ
仕事に行きました。

休憩時間に母に電話すると、タミコが何度も血を吐いたとのこと。
吐血です。
a0078589_23531713.jpg

もう薬は効かないんだ...と頭がグルグルになってしまいました。
呼吸障害が出るのも時間の問題かもしれません。
覚悟する時が刻々と迫っていました。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村
↑よろしくプチリンコ
a0078589_123942100.gif
[PR]
by tamico_cavalier | 2009-08-17 23:56 | タミコ | Comments(10)
Commented by chiemom at 2009-08-18 11:05 x
こちらに遊びに来て記事を読んで・・・・リンクしてある●R+C+M Fieldさんが目に付いてそちらにも遊びに行きました。とっても悲しいお知らせを見て初めて遊びに行ったのでコメントは書かずに戻ってきました。
一緒に寝食をともにして家族となっている愛犬が亡くなるって本当に悲しいですよね。時間がたってもその悲しみやその時の事を思い出して涙してしまいます。
今居る子達も犬生幸せであって欲しいと望むばかりです。
Commented by ナビィ at 2009-08-18 12:27 x
けど、タミコさんは良く頑張ったんだなぁって尊敬します。
あ、もちろん、をり太先生も。
病気による体調に一喜一憂する気持、
ほんっとに良く分かりました。
「元気になりました」とブログ再開した二日後には
まさかの体調不良→また3日後に回復
そして昨日も嘔吐とオネショであります。
Commented by tamico_cavalier at 2009-08-18 20:40
@chiemonさん
ルルままさんとこですね。ルルちゃんとは「老犬力なかま」でした。
現在は、猫のちぃさんと、ふぅちゃんのブログを書いてらっしゃいます。
ニャンコリンクの茶寅堂さんです。ルルちゃんは慢性腎不全。
タミコさんは急性?腎不全です。アッという間に症状が進むので
我が家ではトイレ掃除は「うれしい仕事」になっちゃってます。

ワンコリンクのJonny&Raul's Dayさんのベリさんは先輩キャバで
彼女の姿には、本当に励まされました。ジョニママさんがベリさんを
手厚く看護したみたいに看護できたらよかったのになあ・・・
ワタクシの介護は、ざっくりした介護だったもので(汗)
Commented by tamico_cavalier at 2009-08-18 20:45
@ナビィセンセ
がんばってくれましたねー。どすこい14歳。
キャバリアとしては長生きだと思いますし、心臓疾患がなかったのが
スゴイなーと思います。キャバリアって何?って時代のキャバリア
だったからかなぁ。
もっと知識があれば、避妊手術をガッチリして、婦人病に罹らなかった
のにな。いろいろ反省することがあるです。

ケマ子もがんばってますね。ナビ子さんも。
オネショってのが・・・カワイイナ。さすがランデコ親戚。シモゆるいよね。
今年も変な気候だから、体調悪くしたのかもですね。
がんばれー!!
Commented by ルルまま at 2009-08-18 22:21 x
タミコさんのお話は、やっぱり心がキューとなりますね。
「覚悟」その時がやって来るのは、飼い主なら自然とわかってしまうもので。。
をり太さんの看護、いっぱい愛情が詰まった素晴らしいものだったと思います^^
たくさんの幸せな時間をくれた愛犬には、最後まで全力で送り出してあげなくてはね。
「老犬力なかま」本当そうですよね^^同じ経験をされて来た仲間には
辛くて折れそうな時、お陰でたくさん力を貰いましたよ!

ちなみに、ちぃは数年前にストルバイトが出来て、ちっこが出にくくなった経験があるので、毎日しっかり、ちっこが出る事に感謝です!

↑ のコメントにあるchiemomさん、ブログ見て下さっていたなんて有難うございます。私の名前があったのでビックリしました!(笑)お気持ちだけで大変嬉しく思います。
Commented by tamico_cavalier at 2009-08-19 07:37
@ルルままさん
ありがとうございます。
老犬を看取ったなかまのブログは、本当に「そうそうそうそう!!」
って思って、ジーンとしちゃうんです。
ちぃちゃん、大変だったですね。シロさんも「しっこづまり」
経験猫です。トイレで倒れていたそうです。(父が発見)
なので、シロさんの膀胱付近をモミモミするのも日課だったりします。
Commented by chinosukedon at 2009-08-20 15:42
おひさしぶりです。
あぁ、タミコさんのお話、胸がきゅんとします。
いつまでたっても、絶対忘れられないですよね。
でも、思い出してもらえる(しかも絵に描いてブログに載せてもらえる)
タミコさんは、きっとシアワセな犬でございますよ。
我が家の老犬も、今回のキャンプで「メタボ」「太りすぎ」「おなかパンパン」「カラダ重そう」「顔はかわいいのにね」と散々言われまして。
こりゃ、いかんとダイエットを始めております。
長寿のためにねん。
また、タミコさんのお話聞かせてください。
Commented by tamico_cavalier at 2009-08-21 07:33
@chinosukedonさん
おひさしぶりでぃす。
少年ボーイズとオッサンにゃにゃーんずたちに、相当癒されているんでしょうけど
タミコさんのことを考えるとセンチメンタルになってしまいます。
(アンだとさらに8割増しだったりします。)
タミコさんは10歳頃が一番「土管ピーク」でした。
どうしよう!!!とあせりました。
丁度その頃婦人系の病気になったので「中年&更年期」だったのかもです。
寝たきりになったら「アッ!!」という間に痩せていったので、
「土管、カモーーーーーン!!」になりました。

お腹が地面についたら、厳しいかもですね!!!!!
そりゃ、ナイか!

Commented by 花子のママ at 2009-08-23 12:33 x
タミコさんの思ひ出…。タミコさんは花子看病の「参考書」でした。私が人のブログを読むようになった原点…。
「その2」のだら~んとした手、わかります・・・。また、「覚悟」されていたころ、リアルタイムで応援していました。ちょっと書き込みがないと、「まさか…」と思っていました。
「おしっこ」「おしっこの色」「水を飲んだ」「ご飯を食べた」「ご飯を食べなかった」「うんちがゆるい」…全て、言葉のないわんこの体内からのメッセージとして、読み取るのに必死でした。
「まだまだ現役」を参考書として、数か月先に花子が逝ってしまい…。3年前の今頃、仕事を早く切り上げて獣医さんにお注射に通う毎日でした。
同じ模様のアールくん、雑誌を見て興奮…。こういう格差や時の流れで苦しみが昇華していくのでしょうね。Life must go on.
Commented by tamico_cavalier at 2009-08-24 22:46
@花子のママさん
参考にしていただけたなんて、光栄です。
病院の先生方が、介護の代用品などをいろいろ教えてくださったし
療治食の作り方なども教えてくださって、私もタミコにいろいろ教わり
ました。最後は本当に書けなくて、書いてなかったんですけど
今、やっとこさ書いてます。でも、やっぱり思い出すとつらいです。
アールくんがグッタリなったときには、フラッシュバックしてしまって
ビックリするくらいにパニックになりました。まだまだだなぁ・・・と
思います。
Life must go on. ですね・・・ほんと、そうだなぁと思います。
4匹のワワンとニャニャオに支えられて進んでます。