老キャバリア・タミコさんのヨボヨボ想い出+中年義兄弟RandyとEarlの日記


by tamico_cavalier

プロフィールを見る
画像一覧

お天気と時間と本棚

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

プチリンコ

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ






  -プロフィール-
タミコ キャバリア
 (14歳)
 2006年10月31日召天
 ふだんはヨボヨボ。
 飯を見ると10歳若返る
 リンゴ狂。

クロさん 和猫
 (18歳超くらい?)
 シロさんの弟(らしい)
 サバイバル度:トラ並
 運動神経:ヒョウ並
 頭脳:孔明並
 しかしゲロ子がいないと
 オロオロしてしまう。
 「7才向けカリ飯」には
 見向きもしないガンコ
 親父

ゲロ子(シロさん) 
 和猫(18歳超くらい?)
 クロさんの兄さん
(らしい)
 草マケ体質(ハゲる) 
 結石体質 運動神経:低
 甘え度:キャバリア並
 いわゆる「残念な兄」
 (by tamaken氏
 出典:千原ジュニア氏)

Randy キャバリア
 (8歳)
 タミコさんを失った
 かあちゃんを支え、
 洗濯をさせるべく
 生まれてきた、運命の
 キャバリアくん。
 ヒト姉ヤスベエと同じ
 誕生日
 
Earl キャバリア
 (8歳)
 タミコのおもかげを持つ
 トライくん
 オムツのとれない残念な
 兄をオムツから解放する
 べく、やってきた!
 ロケットボーイ
 好きなもの 松ぼっくり
       タワシ

ヤスベエ ヒト
 21歳
 生まれた時から母親に
 似顔絵を描かれまくり
 かなり辟易している。
 特にWiiの似顔絵Miiの
 ヤスベエは激似。
 
ワタクシ(をり太) ヒト
 自称25歳
 人に厳しく自分に激甘
 体質:やせない 
 性格:ガンコちゃん
 将来の夢:山羊と肥後
     ちゃぼの飼育と
     晴耕雨読生活
 欲しいモノ : 秘密基地
    

 -キャバリンク-

ちょっと なかゆくい
気まぐれ★タフィー
PAL with us
 (and you)

ぼくとキャバキン
うちのキャバリア
キャバリアりんと
ダックスふくの徒然日記

Chiemomのsomeday somewhere
☆モモとレオ☆
メルちゃんポポちゃん
キャバってます!!
 -キャバリアの気持ち-

R+C+M Field

 -ニャニャンリンク-

茶寅堂

 -朋友リンク-

 Uncle Charlie
 Collection

 おともだちのお店です
 たまにワタクシが作った
 モノも置いてもらって
 マス

 BLUES T-BONE
 たまに居ます。

 ワンコ系リンク

Pickles*
 イカす!
 "ちょい似イヌ"

ちょい似イヌ*犬小屋便り

 -ワンコリンク-

ノラちゃんのギリシャ!
写真家の犬
 -le chien de photogrape-

いぬパリ
びーまりょ
ぽちとルイ
 (小山るみこさん)

 zakki -雑記-
ロングロングケーキ
伝助と福助
乙女ビーグル犬アディ
の毎日

お気に入りブログ

パンダから君へ
日刊ギリシャ檸檬の森 古...
なごみネコとなごむ暮らし
Bird's Shies...
花芸家の犬
自分に気合い!!
凛☆として
marronの雲
ミニアチュール

ライフログ

カテゴリ

タミコ
オモヒデ
少年ボーイズ
ニャニャン
オシラセ
ソノタ

以前の記事

2016年 11月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
more...

画像一覧

アールくんの心臓

書店のコミックコーナーには懐かしの「トーマの心臓」が並んでて、ついつい
実家で読み返して大泣きした今日このごろですが

今朝、アールくんの咳で目が覚めました。
ゲーッゲーッゲーッゲーッ......ッカァッ!!
と、吐くような咳。

そして元気がない...
a0078589_194365.jpg

 なんだか うごきたくねぇーなー

お正月にも実家でひどかったのですが、こちらに戻ってからは落ち着いていて
たまに咳をする程度でした。
Dr.マシリトの診断では アールくんは僧帽弁閉鎖不全があるけれども
とても軽い状態だし、若いしダイジョウブ。将来気をつけなきゃですよ。
だったのです。

今朝、病院に行ってレントゲンを撮ってみると、心臓が肥大してるとのこと。
気管を圧迫している様子はないんだけど、見てビックリ!

マシリト「散歩をしてて帰りたいそぶりはないですか?」
...いつも猛ダッシュで、最後はゼイゼイいうので、走らないようにシツケ中です。

マシリト「食事は...レントゲンにばっちり映ってるんだけど、食欲は?」
...ガツガツ食べました。でも、その後は横になって元気がないんです。

とりあえず、抗生物質をいただいて、その後は僧帽弁のお薬で心臓が
大きくなったり固くなったりしないようにしていきましょう。とのことでした。

昼まで息がぜいぜいしてたのが、夕方には落ち着いた息になりました。
もー、心配かけないでよう。ぐすんぐすん。
そういえば、僧帽弁のお薬、バニラ味でアールくん大好きなのよね。


にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村
↑よろしくプチリンコ
a0078589_4121057.gif
















*こんなときにナンですが、Uncle Charlie に作ったモノを
 おいていただいてます。よかったらドゾ。
 くわしくはコチラ
[PR]
by tamico_cavalier | 2009-09-04 19:48 | 少年ボーイズ | Comments(10)
Commented by tamaken at 2009-09-04 23:03 x
わはーたん、エコーは撮ったのかしら?
ウチのパルたろは1歳前に心雑音を指摘されて、
レントゲンでの診察で、バソトップという薬を飲み始めました。
その後、別の病院でエコーを撮ってもらったら、
ちょっと状況が変わったという経緯があります。
いろいろ試してみるのも悪くないと思いますよ。
わはーたんには、ブルーな感じは似合わないもの。
Commented by tamico_cavalier at 2009-09-04 23:15
@tamakenさん
エコーもとってもらったですよ。
セカンドオピニオンも思案中です。
マシリト好きなんだけど、アールくんの健康にはかえらんない
ですもんね。
マシリトに最初に心雑音を指摘されたとき、エコー画像でも
発作が出るほどの状態じゃないのになぁ...と言われました。
心配なのでレントゲン撮ったら、ハートがビッグでサプライズ。
(by ルー)
抗生物質の投与のあとは、毎日フォルテコール(バニラ味)を
飲むのです。
我が家で薬飲んでないのって、クロさんとランデコだけだーっ(涙)
Commented by 花子のママ at 2009-09-05 11:20 x
キャバリアを飼うということは、僧帽弁閉鎖不全も飼うということなんだろうな。ifではなく、whenとhowなのでしょう…。末長くお付き合いになるんでしょうね。花子も「お付き合い」してました。
タミコさんと同じ模様のアールくん。またパニックにならないようにね。落ち着いてね!
Commented by chiemom at 2009-09-05 18:35 x
我が家の2キャバは今のところ心臓の雑音などは指摘されていませんが
要注意です。キャバリアを飼うときにこの病気が多い事を知りましたが
もしそうなってもちゃんとみて行こうと決心して飼いました。
母犬は5歳になるので血液検査なども多項目していただいています。
いつ発症するかわからない分、毎日の様子見は大事ですね。
元気で長くそばにいて欲しいですから・・・。
Commented by ナビィ at 2009-09-06 14:46 x
若いウチの僧帽弁閉鎖不全はテンションを上げないようにするのが大変ですね。
お薬好きならとりあえず良かった。

Commented by tamico_cavalier at 2009-09-06 16:51
@花子のママさん
そうなんでしょうね...。ある程度覚悟はしてたんですけど。
タミコとランデコがまったくなかったので(タミコは晩年は
心臓のお薬飲んでましたけど、心臓疾患はなかったのです)
あぁ、やっぱりキタかー、と思いました。
もうパニックにならないようにしないとですね。
まだまだ未熟だなぁ>自分
Commented by tamico_cavalier at 2009-09-06 16:56
@chiemonさん
アールくんはとっても元気いっぱいの子だったので、大丈夫だろう
と思っていたら、意外と...でした。
シニアになったら、もっとたいへんなのかもしれません。
マシリトも、それほどひどい僧帽弁閉鎖不全じゃないのに
ここまで咳が出るのが解せない様子でした。
タミコの先生にも相談したんですが、1歳未満で僧帽弁による
発作というのはほとんど聞かないとのことで、ハッスル体質が
いけないのかもしれないです。
Commented by tamico_cavalier at 2009-09-06 16:57
@ナビ子センセ
ほんっっっと、ハッスル少年なので、散歩行くとたいへんなのです。
ヒャッハー!!になって、ゼイゼイいうの。
余裕が出来たらワハー用のカートを買わなきゃかもです。
Commented by 花子のママ at 2009-09-13 21:12 x
先日、込んだ電車で「トーマの心臓」を読んでいる人がいて(まさか!)その後どうかな、などと思いました。お大事にねぇ~!
Commented by tamico_cavalier at 2009-09-15 13:04
@花子のママさん
ほんとうにご心配おかけしました。
その後のアールくんですが、時々咳をしていますが、ほぼ落ち着いて
います。散歩は控えめに我慢してもらってます。
一生おつきあいの病気なので、ハッスルを押さえるためにバッチフラワー
なども使ってます。ランディと違って、物音にも敏感体質なので...