老キャバリア・タミコさんのヨボヨボ想い出+中年義兄弟RandyとEarlの日記


by tamico_cavalier

プロフィールを見る
画像一覧

お天気と時間と本棚

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

プチリンコ

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ






  -プロフィール-
タミコ キャバリア
 (14歳)
 2006年10月31日召天
 ふだんはヨボヨボ。
 飯を見ると10歳若返る
 リンゴ狂。

クロさん 和猫
 (18歳超くらい?)
 シロさんの弟(らしい)
 サバイバル度:トラ並
 運動神経:ヒョウ並
 頭脳:孔明並
 しかしゲロ子がいないと
 オロオロしてしまう。
 「7才向けカリ飯」には
 見向きもしないガンコ
 親父

ゲロ子(シロさん) 
 和猫(18歳超くらい?)
 クロさんの兄さん
(らしい)
 草マケ体質(ハゲる) 
 結石体質 運動神経:低
 甘え度:キャバリア並
 いわゆる「残念な兄」
 (by tamaken氏
 出典:千原ジュニア氏)

Randy キャバリア
 (8歳)
 タミコさんを失った
 かあちゃんを支え、
 洗濯をさせるべく
 生まれてきた、運命の
 キャバリアくん。
 ヒト姉ヤスベエと同じ
 誕生日
 
Earl キャバリア
 (8歳)
 タミコのおもかげを持つ
 トライくん
 オムツのとれない残念な
 兄をオムツから解放する
 べく、やってきた!
 ロケットボーイ
 好きなもの 松ぼっくり
       タワシ

ヤスベエ ヒト
 21歳
 生まれた時から母親に
 似顔絵を描かれまくり
 かなり辟易している。
 特にWiiの似顔絵Miiの
 ヤスベエは激似。
 
ワタクシ(をり太) ヒト
 自称25歳
 人に厳しく自分に激甘
 体質:やせない 
 性格:ガンコちゃん
 将来の夢:山羊と肥後
     ちゃぼの飼育と
     晴耕雨読生活
 欲しいモノ : 秘密基地
    

 -キャバリンク-

ちょっと なかゆくい
気まぐれ★タフィー
PAL with us
 (and you)

ぼくとキャバキン
うちのキャバリア
キャバリアりんと
ダックスふくの徒然日記

Chiemomのsomeday somewhere
☆モモとレオ☆
メルちゃんポポちゃん
キャバってます!!
 -キャバリアの気持ち-

R+C+M Field

 -ニャニャンリンク-

茶寅堂

 -朋友リンク-

 Uncle Charlie
 Collection

 おともだちのお店です
 たまにワタクシが作った
 モノも置いてもらって
 マス

 BLUES T-BONE
 たまに居ます。

 ワンコ系リンク

Pickles*
 イカす!
 "ちょい似イヌ"

ちょい似イヌ*犬小屋便り

 -ワンコリンク-

ノラちゃんのギリシャ!
写真家の犬
 -le chien de photogrape-

いぬパリ
びーまりょ
ぽちとルイ
 (小山るみこさん)

 zakki -雑記-
ロングロングケーキ
伝助と福助
乙女ビーグル犬アディ
の毎日

フォロー中のブログ

パンダから君へ
日刊ギリシャ檸檬の森 古...
なごみネコとなごむ暮らし
Bird's Shies...
花芸家の犬
自分に気合い!!
凛☆として
marronの雲
ミニアチュール

ライフログ

カテゴリ

タミコ
オモヒデ
少年ボーイズ
ニャニャン
オシラセ
ソノタ

以前の記事

2016年 11月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
more...

画像一覧

その他のジャンル

<   2005年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ゴルさん

タミコさんが入院している間、通院しているゴールデン・レトリバーさんがいました。
腎臓がとても悪いそうで、かなりやせてました。
ある日、スタッフさんがゴルさんの毛を刈ってました。
皮膚疾患があるのと、夏の暑さ対策で刈ったのです。
かなり毛玉がひどく、フェルト状になっていて、刈るのが大変そうでした。
a0078589_1736489.jpg

タミコさんが入院する前に、一度入院したのだそうです。
1週間集中治療すれば、かなり状態が良くなったそうなのですが、3日目くらいで少し元気に
なったところで、飼い主さんが「元気になったから」と連れて帰ってしまい、またもや悪化して
通院しているのです。
ゴルさんを診た後、本当にくやしそうな様子で、タミコさんのところへやってきて
「タミィちゃん、よしよし」と、タミコを診て診療室へ戻って行かれました。
タミコは集中治療を続けていたので、小康状態でしたが悪化はしませんでした。

若先生が飼い主さんを説得して、日中だけ入院することになりました。
腎臓が悪いので、おしっこがあまり出ません。
けれども、タミコさんと同じ牛肉スープを少し飲んでは、気持ちよさそうに寝てました。

タミコさんが退院してから、どうなったかわかりませんが、回復したでしょうか?
とっても気になってます。元気になってたら嬉しいんですが・・・。
先生の治療はとてもシンプルな治療です。
あと4日治療していれば、もっともっと良くなってたのに、とても残念です。
ゴルさんに出会ってから、タミコさんを先生に託して本当に良かったと思ったのでした。
[PR]
by tamico_cavalier | 2005-07-25 17:26 | ソノタ

よしおさんが目標だ!!

入院中にお会いした患畜さんに「よしおさん」という、テリア系のワンコがいます。
よしおさんは、重い糖尿病です。
a0078589_338815.jpg

とても元気で、病気とは思えないくらいでした。
でも、お話を聞いてビックリ。
ずっと前は、この病院の近くにお住まいだったのですが、ちょっと遠くに引っ越されて
家の近くの病院に変えたのだそうです。
糖尿病になって、その病院に通院していたのですが悪化してしまい、匙を投げられて
しまったのだとか。
どうしてもあきらめきれず、以前通っていた、この病院を訪ねて治療を再開したら
復活!(゚ロ゚*)
毎日のインスリン注射は欠かせませんが、通院も週1日になりました。

よしおさんのおかあさんが「だから、この子もきっと治るわよ!!」と言って下さった
のが、本当に嬉しかったです。
まだまだ負けられんぞう!!と、よしおさんをナデナデして運を分けてもらいました。
[PR]
by tamico_cavalier | 2005-07-24 15:27 | タミコ

床ずれ防止策

「犬を飼う」(谷口ジロー著)を読んでいて、一番心配だったのが
床ずれでした。
下半身がすっかりやせ細ったタミコは、床ずれができやすいと思ったのです。
そこで、体勢を頻繁に変えることにしました。
a0078589_1271497.jpg

変えるたびに、軽くなったなぁ・・・・・・と感じます。
スープは飲むようになったものの、固形物を食べないので体重は落ちていきます。
でも、なにもクチにしないよりはましです。
何も食べなかったタミコが、スープを飲むようになったんだから
よくなってきてるんだ!! と、自分を励ましつつタミコをナデナデしました。

病院にいると、いろいろな患者さんに会います。
そして、タミコを見て心配そうに声をかけてくださいます。
本当に励まされました。
[PR]
by tamico_cavalier | 2005-07-22 12:14 | タミコ

つきそい生活

我が家から病院までは市電(路面電車)で行けます。
なので通うのは楽でした。
朝9時から病院が開きますので、その時間にお邪魔します。
院長夫人が一番に来ていいですよ、とおっしゃってくださったからです。

病院につくと、院長が牛肉のスープを用意して待っていてくださいました。
昨晩は飲まなかったそうですが、朝は飲むかも・・・とのことでした。
とても良い香りがするスープで、澄んでいる上等のスープです。
上等の牛肉をしっかりアクを取って、丁寧に作ったスープで、私も「の・・・飲みたいっ」
と思うほど、良い香りなのです(*´Д`)グゥ~
昨晩も、先生はつきっきりでタミコを看て下さったそうです。
尿が頻繁に出たので、腎臓の機能はダイジョウブなようでした。

まだ酸素室からは出せないとのことで、その日は一日そばにいました。
スープもまだ飲みませんでした。
栄養と水分は注射で取りました。

次の日、病院へ行くと酸素室から出されてました。
呼吸が安定したので、出したとのことでした。
早朝にはスープを少し飲んだそうです。
飲ませ方を教えていただきました。
そして、待合室の椅子にタオルを厚めに敷いて、保冷剤をタオルで包んだ
ものをタミコの側に置いて、ペットシートを敷いて寝せました。
a0078589_11552989.jpg

スープを飲ませたり、あっという間に細くなった足をマッサージしたり
して過ごしました。
待合室は、もう一箇所あるのですが、良い部屋の方を占領してしまって
とても申し訳ない気持ちになりましたが、みなさんが「構いませんから、気楽に
しててください。」とおっしゃって下さり、タミコの世話に集中することができました。

なにより、タミコが寂しくないのが嬉しかったです。
[PR]
by tamico_cavalier | 2005-07-21 11:47 | タミコ

ハァハァが止まらない・・・

目がグルグルになった夜は、おちおち寝ていられませんでした。
冷房をキンキンに効かせて、ワタクシは秋冬の装い。

次の日も食欲がなく、不安でしかたありませんでした。
そうして昼過ぎには、とうとう呼吸が荒くなってしまいました。
a0078589_0253030.jpg

あわてて妹に電話して、病院へ連れて行ってもらいました・・・。
即、酸素吸入。
a0078589_029960.jpg

血液検査では、腎臓と肝臓の数値が思わしくなく、腎臓が良くないと最悪だそう。
しかもタミコは心臓も弱ってる・・・。多臓器不全状態です。

注射が効いたのか、尿がジャバジャバ出たのが救いです。
ただし今夜が
入院することになりました・・・。

明日、一番に来て、ずっとそばに居てあげてください。とおっしゃっていただきました。
「もうダメだから?」と思ったら、そばに居るのが一番元気になるからとのこと。
本当に嬉しかったです。
[PR]
by tamico_cavalier | 2005-07-20 13:15 | タミコ

タミコとの夜

a0078589_3142117.jpg

タミコのために室温を23度にたもっているので、私はお布団かぶって寝てます
発病したのが夜だったので、ちょっとした音でガバッと目が覚めます
惰眠を貪るのが「だめにんげん」な私の特性だったのですが、
タミコが息をしてないんじゃないかっと不安になっちゃうのでした・・・
[PR]
by tamico_cavalier | 2005-07-19 21:51 | タミコ

ぐるぐるは止まったものの・・・

a0078589_36468.jpg

眼震は治まってきたものの、食欲が一向に出ない
病院のアイドル番犬ピヨちゃんが好きだという「やわらかササミジャーキー」を、
ぼちぼち食べるのが精一杯・・・
あとはヨーグルトを気が向いたとき、少しだけ食べる

全体的に痩せてきた 先生も、そろそろ食欲が出てもいいのに・・・とのこと
がんがれタミコぉぉぉおおおお
[PR]
by tamico_cavalier | 2005-07-17 21:44 | タミコ

あの大食漢タミコが、食べてくれない

a0078589_315980.jpg

いつものカリカリごはんじゃ食欲でない
だろうと思って、缶詰の豪華そうなごはんを買ってきた
ふだんのタミコなら、ここで10年くらい若返ってピョンピョン跳ね回って、
ヨダレをだくだく流し手全身喜びであふれかえるんだけど、今のタミコは
ふんっ」と横を向いてしまった

タミコがごはんを食べないのなんて、今まで一度もなかった
胃が悪くて血を吐いてしまった時も、食べないなんていわなかった
本当に具合が悪いんだと思い知らされた

注射の後に車中で吐いたので、お水は一晩禁止。
だからなんにも口にしないことになる。
うわああああああん・゚・(つД`)・゚・
[PR]
by tamico_cavalier | 2005-07-14 17:28 | タミコ

の、の、脳障害!?

a0078589_2591583.jpg

いつもお世話になっている獣医さんにGO!
熱中症からくる脳障害だそう・・・
人間には涼しく感じる気温も、汗腺が少なくて、基礎体温が高く
毛皮を着ていて、しかも臓器機能が弱っている老犬には
耐えられないと説明を受ける。

タミコ、ごめんね・・・

脳圧を下げる薬を注射して、しばらく毎日通院
がんばれ!タミコぉぉぉおおおお!!
[PR]
by tamico_cavalier | 2005-07-13 17:21

ぐるぐるタミコさん

a0078589_2182634.jpg

タミコさんの目が、クルクルと横に動いてとまらない!!
腰も抜けたようになって立てないし、息もハァハァあがっちゃってる・・・
[PR]
by tamico_cavalier | 2005-07-12 16:51 | タミコ